2017/05

<< May 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


KING OF POP

先週末に休暇と仕入れを兼ねてバンコクにいたときのこと。

ナイトマーケットに向かうために乗ったトゥクトゥクのドライバーが一言。

『マイケル死んじゃったね。知ってる?』

『え、うそでしょ。だって今朝テレビに出てたし。』

終始ハイテンションでしゃべりまくり暴走族みたいにぶっ飛ばすその若いドライバーの言葉は

あまりに真実味がなく、ついそんな風に返してしまった。




確かにその日の朝、宿のテレビからはマイケル・ジャクソンの映像が流れていた。

『そういえば、そろそろマイケルのロンドン公演だから特番かなあ。』と。

どこかの国を訪れたマイケルが取材陣に囲まれてる姿を映したテレビをぼんやり眺めていた。

きっとマイケルの死を伝えていたのであろうタイの芸能ニュースの言葉は

タイ語を理解しない私にはまったく意味を成さないただの音にすぎなかった。




翌日インターネットでマイケルの死を知った。

カオサンロードではあちこちのバーやコピーCDの屋台からマイケルの曲が流れた。


世界中の人々に愛されていたんだね。


私自身、「マイケルど真ん中世代」ではないものの

ソウルミュージックに興味津々だった学生の頃はJACKSON 5を良く聴いたし

その後の曲もサビだけは結構口ずさめたりする。

ほんとに偉大なアーティストだったんだと思う。

ご冥福をお祈りします。 

ゆっくり休んでください、マイケル。



スポンサーサイト

 


comment









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--